オーガニック食品を食べるようになって変わった自分ー体だけじゃない変化

ナイフとフォーク料理教室講師&メンタルカウンセラーの木村綾子です。 

「「自分が嫌い」を卒業!

自分を好きになる方法としての自炊」

をテーマに

「旬の食べ物を味方に四季いつでも快適にすごすための食生活改善」をミッションとして活動しています。

 

 

 

食べ物を変えると身体が変わる

マクロビオティックという概念を知ってもう12年くらい??

本格的に食べ方を変えてからも、10年くらいは経ちました。

この間、たくさんの変化がありました。

悪いことは(少なくとも自分にとっての悪いことは)ほとんどないと思います。

10年前の自分より今の自分のほうがずっと健康ですし幸せだと自信を持って言えるからです。

例えば・・・

子どもの頃からマラソンが大の苦手で、たった1分さえ走れなかった自分がフルマラソンできるようになるなんて、10年前には思いもしませんでした。趣味はと聞かれて「ラン」と答えられるのはち50代女性としてょっと誇らしい。

体調を悪くすることもほとんどありませんし、暑さ寒さにも強いです。(まだ若干冷えはありますが、「極端な」寒がりから「普通の」寒がりに変わってきました)

 

マクロビオティックに出会ったのは本当に偶然でした(その出会いについては

またいずれ機会があれば書きたいと思います)。

出会ってレッスンに通うようになったときは会社員だったので、自炊の回数もごくわずか。玄米菜食と言っても完璧とは程遠い劣等生でした。

それでも白米を玄米に変え、炊飯器での炊飯から圧力鍋での炊飯に変え、週一お弁当を作っていくことを目標にするように(おかずが用意できないときは玄米ご飯だけでも)なり、食べるものは買ってきたお弁当だとしてもお味噌汁(といってもお味噌をお湯に溶いただけのもの)を添えるようになり・・・と少しずつできることからしていくうちに、自分の中身が少しずつ変わっていきました。

「玄米を食べるようになると早起きできるようになるよ」と言われても「???」と思っていましたが、少しずつ早寝早起きの生活になったり、頭痛薬を常に持ち歩いていたのに気がつけば頭痛薬の消費期限がすぎてしまっていたり。

体調がよくなれば精神的にも元気が出てきます。

食事を変えることで体調がよくなったのはもちろんですが、心のありようもかなり変わりました。

 

食べ物を変えると心も変わる

10年以上前の自分は自分のことが本当に嫌いでした。

親との関係の悪さが強い自己否定感を生んでいたのです。

生きてるのがこんなに辛いのにどうして生き続けなきゃいけないんだろう、自分がこの世に居ても誰も喜ばないのにどうして存在しているんだろう、そもそも生まれてきたこと自体が間違いだったのだ、と思っていました。

なんで生まれてきてしまったのだろう、生んでくれと頼んだわけでもないのに・・・

自分がこの世にいるだけで誰かの迷惑になっている、この世から居なくなる(自死する)ことだけが自分ができる貢献だと思っていました。そう思っているのに自死に踏み切ることもできない自分を責め続ける毎日。

当時の私の周囲には彼氏も友達もいました。

会社での人間関係にも恵まれていました。

みんな私によくしてくれていました。

「そんなふうに思わなくていい」「考え過ぎだよ」と言ってくれた人もたくさんいます。

それでも私は心の底から沸き起こってくる自己嫌悪感から抜け出ることはできませんでした。

 

今はそういうのがなくなりました。

(まだまだだけど)「今の自分もまあまあがんばってる」

「こんな自分でも自分は好きだ」(←自分が好きだということを露骨に表現するのはイタイと思うのでできないが)

()内の独り言はまだあるけれど(笑)自分で自分を忌み嫌ったり責めたり居なくなるべきだ死ぬべきだと思うようなことはなくなりました。

()内の言葉は・・・成長過程でごく自然に自己肯定感を形成することができなかった私の照れかな。でもそんなちょっと歪んだ自己肯定感さえ「自分の個性」と肯定できるようになりました。以前なら「ちゃんと自己肯定できてない!こんな自分だめ!!」と思っていたに違いありません。

 

脳だって細胞でできていて、細胞が何から作られるかというと食べたものから作られます。神経伝達物質だって食べ物から作られます。食べ物を変えれば脳の状態が変わるのは当然です。

 

自分を大事に思えるようになると、
周囲にも目が広がる

マクロビオティックでは野菜は皮ごと食べましょうと習います。そのほうが美味しいし栄養価も高いからです。

でも農薬や化学肥料の良くない成分も皮と実の間にはたまるのですね。なので無農薬栽培、有機栽培のものを買うようになります。いわゆる「オーガニック」ってやつですね。

体内で代謝されず溜まっていくものとしては他には食品添加物もあります。ほとんどのものが石油で作られています。普通に生活していると1年に4キロほど石油製品をとっているという話も聞いたことがあります。恐ろしい数字!

加工品を買うときは必ず原材料表示をみるようになりました。

そのように食べ物に気を使うようになってしばらく経つと、食べ物以外の日常の中で使っているもののことも気になるようになりました。

最初に気になったのは化粧品ですね。次にボディソープなど。

接触れるものから気になり始めたということですね。

その後、食器用洗剤、住居用洗剤、洗濯用洗剤、・・・と洗剤に興味の幅が広がってきました。極力、オーガニックの原料で作られているものを選びたいと思うようになりました。

 

 大げさじゃなくて、地球を大事にしたい

 

化粧品やボディソープは直接肌に触れるからという理由でしたが、食器用や住居用洗剤をオーガニックにと進んだ頃には、明らかにそれだけではない理由が自分の中に芽生えました。

きれいになればいいのか、という疑問とその答です。

もちろん洗剤を使うのは「きれいにする」ためなので、その本分が果たせないような機能ではNGですけど(オーガニック系の洗剤は洗浄力が弱いものが多いのが残念)、じゃあ「きれいになればなんでもいいわけじゃないよね」と考えるようになりました。

化学的に合成された強い洗浄力や泡立ちのいい洗剤は簡単便利に自分や身の回りを清潔にしてくれますが、それを使って出た汚染水は河川を汚します。自分はきれいになるけど地球は汚れる、それでいいのか?と思うようになったのです。

大袈裟に言うと自分さえよければいい、という考え方からの脱却です。

そんなこと当たり前かもしれませんが、自己中心的に過ごして育ってきた私には180度の転換でした。

なぜそんなことが起こったか?

食べ物が変わることで脳細胞の質が変わったということ、それともう一つ重要なのは、自分を好きになったからだと思うのです。

自分を大事に思えたから、周囲のことも大事に思えるようになった。

よく「自分を愛せない人は人を愛せない」と言うけれど、本当にそうなのだと思う。自分を粗末に扱っているのに、周囲の人や環境のことは大事に考えるなんて偽善に感じます。

自分を認めて、愛して、その自分を快適に過ごせるようにいたわる。ご自愛、という言葉があるけれど、自分を一番愛して大事にできるのは自分なのだということ。

そしてそれが達成されて初めて周囲の人への思いやりも芽生える。周囲の延長上に環境があって、地球があって・・・そんなふうに思います。

 

カウンセラー&料理教室講師という肩書を持っている私がどうして蜜蝋ラップの会を主催するのか?不思議に思われる人も多かったかもしれません。

でも食を通じて自己愛が作られ、その結果としてエコロジーにも目覚めた私にとっては、とても自然な流れです。

今回の会の開催には、今まだ自分を愛せてない人も、食を変えることのその先に「環境を愛する」「地球をいたわる」気持ちが出てきてほしいという願いがこめられています。

 

講座が行われるのはオーガニックグッズを沢山扱う「ライフストア鈴丸」

 蜂という自然との共生をお仕事にされている養蜂家の後藤純子さんのお話もあります。

オーガニックストアで蜜蝋ラップを作る。オーガニックなハーブティーを飲みながら蜂についてのお話を聞く。

終わった頃、地球を大事にする気持ちを持ち帰れるような会となりますよう、努力します。

 

 

f:id:qooki-jp:20180927155052j:plain

 

f:id:qooki-jp:20181021210546j:plain
f:id:qooki-jp:20181021210536j:plain



 

 

 

 

蜜蝋を使ってラップを手作りする会

~蜂との共生を考える~


【内容】

・ビーズワックスラップを一人1枚作成していただきます

・蜜蝋やミツバチについてのレクチャー

・ビーズワックスラップ使用の利点(プラスティック利用の危険性)

ティータイム
【受講料】4,500円
【定員】12名(最少催行人数10名)

 
 
【申込方法】
以下の申し込みサイトからお申込くださいませ。

ビーズワックスラップを手作りする会の参加申し込みはこちら

折返し詳細を記載したメールをお送りします。
秋の一日、楽しい時間を共有できるのを楽しみにしています♪
 
 
 

 

ナイフとフォーク季節ごとの食べ方を書いたメルマガ

「旬の食べ物を味方に四季いつでも快適にすごすための食べ方レッスン」発行中。
ご興味ある方は以下からお申込ください😊

「旬の食べ物を味方に四季いつでも快適にすごすための食べ方レッスン」の購読申し込みはこちら


ナイフとフォーク「感情と内臓の関係」について簡単なテスト作りました!

今弱ってる内臓、注意すべき生活習慣がわかっちゃいますよ。

お友達やご家族と楽しんで、ぜひやってみてください♪
「イライラ?ウツウツ?メンタルの状態でわかる あなたの内臓チェック」をされるかたはこちら

 

 

セルフケアキッチンQooki 

「「自分が嫌い」はもう卒業!

自分を好きになる方法としての自炊」

をテーマに 料理レッスン講師&メンタルカウンセラーの木村綾子

 

食生活改善カウンセリング

マンツーマン料理レッスン
発酵食品料理教室


などを行っているプライベートサロンです。

 

自分を好きになりたかったら、自分で自分を大事にすること。

大事にしてくれる誰かを探すのもいいけど、自分で自分を大事にするのもいい。

そのためには自分のために料理を作ること。

自分で自分を愛せれば自然に魅力が出て、大事にしてくれる誰かも見つかります。

 

============================================
【レッスン・カウンセリングのお問い合わせ・お申込み】

・発酵食品教室の日程なら ⇒コチラをクリック

・食事カウンセリングの詳細・お申込なら ⇒ コチラをクリック

只今モニターしてくださる方を募集中!

・電話カウンセリング(「ボイスマルシェ」) ⇒ コチラをクリック

・その他のお問い合わせ ⇒ コチラをクリック

============================================

 

専門家として、私も参加しています - ボイスマルシェ 電話カウンセリング