誰でも、1日1自炊★自分で自分をケアする食事

プチ不調を医者や薬に頼らず治すための自炊に役立つ情報を発信していきます

【口内炎と食事の関係】

口内炎は粘膜の傷つきによって生じる症状です。

 

ビタミンやタンパク質が不足していると口の中の組織が修復できなくなるので、口内炎ができやすくなります。

 

食事は口内炎の発生や回復に大きな影響を与えます。

 

 口内炎ができやすい人は、外食が多い生活だったり、油物や糖質の高い食事が多かったり野菜や果物を食べることが少なかったりなど偏食の方が多いです。

 

口内炎を防ぐためには、口腔ケアと並んで栄養のバランスが重要です。

 

特にビタミンC、ビタミンB群、亜鉛などは口腔の健康をサポートします。

 

これらの栄養素は新鮮な果物、野菜、全粒穀物に多く含まれます。

 

ビタミンCは組織修復を助け、ビタミンB群は神経系の健康を見極めます。

 

ストレスを感じると免疫機能が低下し口の中の粘膜が傷つきやすくなるので、神経のケアも大事です。

 

亜鉛は免疫機能をサポートし、口内炎の治癒を促進します。

 

これらの栄養素は魚、豆類、果物、野菜などに多く含まれます。

 

食物繊維も重要な要素で、便秘を防ぎ口内炎を予防します。

 

野菜、果物、穀物などの食物繊維が豊富な食事を心がけましょう。

 

また、正しい水分摂取も消化器系の健康を維持しますし、口内炎の予防につながります。

 

水分不足は口内炎の原因となり得るため、正しい水分補給が重要です。



プロバイオティクスも口内炎予防に効果的です。

 

プロバイオティクスとは、われわれのからだに有益な働きをする生きた微生物のことです。

 

乳酸菌や納豆菌、酢酸菌などの菌を指します。

 

体内の細菌のバランスが整っていると免疫機能は向上します。

 

プロバイオティクスが豊富な食品を食事に取り入れることで、口内炎の発生リスクを軽減できます。

 

口内炎が起こりやすい方は辛い食べ物や刺激のある調味料を控え、アルコールや飲酒の摂取に注意することが重要です。

 

これらの刺激物質は口腔内の粘膜に刺激を与え、炎症が起きるからです。

 

口腔ケアも口内炎予防に欠かせません。 

 

歯磨きやうがいを正しく行い、口腔内の清潔を大切にすることが大切です。 

 

特に歯ブラシの使い方や歯磨き粉の成分にも注意しましょう。

 

栄養豊富な食材を摂りつつ、刺激の強い食品や不健康な生活習慣を避け、口腔ケアにも配慮することで、口内炎の予防と健康な口腔環境を維持したいですね。